FC2ブログ
ホンニナルマーケット
2006 / 02 / 10 ( Fri )

060210094859206.jpg


今日は新聞ネタを。
今朝もふむふむと新聞を読んでいて目に留まったこの記事。
(ちなみに我が家は西日本新聞でしてよ)



『ネットを使って自費ゼロ出版』

なんでも、自己負担なしで気軽に本を出版できるとか。




ここで、ブログを書き始めてから、他の方々のブログを見る機会が増えて、
その非凡な才能にびっくらこいているところでしたが、
それにピッタリの話題だと思いましたので、ちょっと紹介。
(新聞記事より抜粋)

  北九州にある印刷会社「マツモト」が、個人出版の新サービス
  「ホンニナル出版」を始めた。
  出版希望者は原稿を同社運営のネット書店に出品。
  注文を受けた数だけ本を印刷し、製本して配送する「オンデマンド」方式。

  編集を本人が行い、買い手がいないと本を作らないため、初期費用が
  かからない点が特徴だ。

  出版希望者はパソコンを使い、本のサイズや紙質などの選択から、
  表紙や中身の編集までの工程を自分で手掛ける。
  完成したデータを送信して、同社が運営する仮想書店
  「ホンニナルマーケット」で売り出される仕組み。
  受注後、平日なら4、5日以内に本を製作、配送するという。

  価格も自分で設定でき、製造原価と手数料(定価の20%)以外は
  自分の利益になる。
  例えば、A5判で40頁のモノクロ写真集を作る場合、原価は
  約1,200円。価格を2000円にすれば、一部約400円が
  収入になる。

  自費出版は通常、一度に100部単位で印刷し、校正料金なども
  含めて最低10万円前後の費用が必要になる。
  
  サイトの出品数は今のところ8作品で、同社は「絵本や小説から料理の
  レシピ集、学術論文まで、公序良俗に反するもの以外は広く
  受け付けたい」としており、今後、年間1万人の出品を目指す。
  ホームページ http://www.honninaru.com
   
  
私もさっきチラリとのぞいてきました。
画像はその「ホンニナルマーケット」で出版されていた本のもの。

 写真集 「フォトパエリア」 岡田さつき 著 3150円
  芸術と情熱の国スペインの色彩豊かな景観を写真と文章で綴った一冊。

なんだか表紙に惹かれました。



ブログ長崎にもお料理上手、写真大好き、旅行サイコーって方々や、
詩や小説、絵を描いてる方々がたくさんいらっしゃいますから、
ひとつ本でも出版してみては?

なんといっても、、、、、、、




『 タダ 』  ですからー!! 
(そういえばココ(ブログ長崎)も無料だったなー・・・)
10 : 23 : 00 | 気になる日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<お気に入り | ホーム | 「あおいくま」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naniyarakininaru.blog73.fc2.com/tb.php/235-37f9f611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |