FC2ブログ
ガイア理論
2006 / 02 / 16 ( Thu )
まずは、昨日のお礼から。_(_^_)_

ご心配おかけしましたみなさま、あたたかいコメントありがとうございました。_(_^_)_
ほんとにうれしかったです。(号泣・・・そしてまた頭痛をおこす)笑

具合の悪い時はいつも一人で「うぎょろ~ん」とか言葉にならぬことを
叫びつつ床に伏せるのみ、なのですが、今回はたくさん仲間がいるような気がして、
心強かったのです!\(^o^)/

本当にありがとうございました。_(_^_)_ 感謝 感謝。

いつも思うことですが、病気すると、健康のありがたさを痛感するもので、
それでも治っちゃうと「喉元過ぎれば なんとやら」で、すぐ忘れちゃうんですよねー。(-"-)イケナーイ

病気なんて風邪でも頭痛でもないに越したことはないけれど、一病息災で、
軽い病気ならあったほうが、かえって健康に注意して生きていくのかもしれないなーなんて思ったりしました。




実は、おととい午後から図書館に行って本を借りてきたのです。
(雨が降ってて暖かかったので、薄着していったのがいけなかったのかも。)

ここ最近「ガイア」という言葉が妙にひっかかり、それに関する本を借りるためです。
そして、「地球(ガイア)をつつむ風のように」龍村 仁著(サンマーク出版)
という本を借りました。

「ガイア」と言えば、くわしい方ならばもう数年前から言われていることで、珍しいことでもないのでしょうが、私はそちら方面には全然興味がなかったのです。

「ガイア理論」とは、「地球自体がひとつの生命体である。」という考えです。
本を参考にすると、

岩や土・水・大気などからできている地球そのものは、生命のない一つの
物体で、その上に人・動物・植物などの生き物が乗っかって生きていると
いう考えだったのを、それらすべてが一つの生命体としての仕組みをもって
生きていると科学的に提唱された理論。

で、

イギリスの物理学者ジェームス・ラブロック博士が、この理論の提唱者で、
ギリシャ神話に出てくる大地の女神ガイアにちなんで「ガイア仮説」と
名づけたとか。

私が驚いたのは、これがただの空想とか、宗教的なものではなく、
科学理論であるということでした。
「森は生きている」ならちょっとわかる気がしますけど・・・(#^.^#)

ガイア理論のさわりの部分はこの辺にして・・・・

何故私がガイアなどと言い出したのか?

自分でも不思議なくらいですが、
それこそ私は環境とか、自然とか、有機野菜とか、全然興味なかったのです。
部屋に蚊がいるとすると、
「蚊に刺されるぐらいなら、殺虫剤を吸ってた方がいい。」
と言って、部屋の中でシューッとしても平気でその部屋にいられるぐらいでしたから。
もちろん常識として、人に迷惑をかけるようなことはしませんでしたよ。
台所に油を流したり・・・とかは論外です!!

でも、時が経つにつれて、(そして年をとったから?)やはり最初は『食』の話題からでしょうか。
農薬とか、BSEとか、そんなことから段々と環境とか自然とか
そういう方面に興味が出てきた気がします。

これって子供を持ってるお母さんとかならば、たぶん私よりもずっと
考えることなのではないでしょうか?

だからと言って我が家では、有機野菜・有機米だけを食べたりする経済力もありませんし、
環境に悪いからといって車に乗らない、なんてことも出来ませんよ~。
(でも、知るということで、何か少し変わるのかも知れません。)

そして、自然な流れとして、「ガイア」にたどりついたような気がします。

やっと、私も「100匹目のサル」になれたのかもしれません。



今日は(も!?)だいぶ長くなったので、続きはまた明日。
「100匹目のサル」について。
(私も明日に続けるという知恵がついたようです・・・・)\(^o^)/
15 : 42 : 00 | 気になる日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<100匹目の猿 | ホーム | 偏頭痛>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naniyarakininaru.blog73.fc2.com/tb.php/229-2014fb9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |